✳︎SweeTouring✳︎

おいしい☆楽しい♪ バイクツーリング記録をメインにお届け

バイクに荷物を積載「ツーリングバイクネット探し」調査記録2021

バイクでツーリングやキャンプツーリングに行くときにネットがあれば便利・むしろ必須ですよね!

 

100円ショップでも自転車用のカゴネット、ひったくり防止ネットとして売ってるそうなので偵察してきました!

 

ダイソーの自転車カゴネット

f:id:just_try:20210117124755j:image

自転車カゴネットS:24x24で最大40x40

バイクにつけるのはちょっとちいさいかな?

 

f:id:just_try:20210118191856j:image

ロープもゴムもありました。

 

 

キャンドゥの自転車カゴネット

f:id:just_try:20210117124806j:image

左:セキュリティネット25x40

右:自転車カゴネット30x30

 

30cmでもちょっと小さいかな?マス目はわかりませんでした。

 

 

キャンドゥ 伸縮ゴムテープ(太さ6mm)

f:id:just_try:20210117124810j:image

ロープ・紐を操れるひとなら

1M、2.2M、3Mとラインナップがありました!

いずれも太さは6mmでした。3Mのロープいいですね!大は小を兼ねるので長いモノがいいかと。

 

 

ホームセンターコーナン

f:id:just_try:20210117124930j:image

やっぱりこっちの方が豊富です!

バイク用品

  • 強力ゴムバンド3M 798円
  • クロスゴムバンド(一辺25cm) 798円
  • ゴムバンド3M 598円
  • バイクネットM(35x35 6マスx6マス)  498円
  • バイクネットL(50x50 10マスx10マス)  980円
  • 夜でも安心光るバイクネットビッグ(50x50 10マスx10マス)  1780円

 

バイクネットビッグ1780+税ですがこれかな!?

フックもついています。

ですが、ワタシのPCXにはフックがないのでやっぱりロープの方がいいんでしょうか?

 

 

バイクツーリングネットのサイズと容量

  • M:30x30(7マスx7マス)10L
  • L:40x40(9マスx9マス)30L
  • LL:50x50(11マスx11マス) 60L
  • 3L:60x60(13マスx13マス)80L

※参考:タナックスさんの表品説明/ゴムの伸び率200%

 

 

 

100均で買えるバイクプロテクター代用品「ニーパッド編」

f:id:just_try:20210119163400j:image

バイクに乗るなら万が一のときのためにプロテクターをしていた方がいいなと、防寒も兼ねて「レッグウォーマー(膝まであげて)」をしていたのですが、100円ショップでいいものを見つけました!(2021年1月現在)

 

 Sponsored Link   

ダイソー「ひざ用サポーターパッド付き」
f:id:just_try:20210118193227j:image

1つ100円+税で両足分買っても200円+税の激安です!

素材を確認し忘れましたが、ポリエステルっぽいので肌が弱い方は少し悩みますね。

 

 

キャンドゥ「ひざ用サポーターパッド付き」

f:id:just_try:20210118193224j:image

キャンドゥでもパッド付きのひざ用サポーターがありました!(パッド付きは一番右側)

こちらは通気性が良さそうなので夏なんかにもいいかもしれません。

 

 

 

セリアの炭サポーターひざ用

f:id:just_try:20210118193938j:image

炭サポーターということであったかそうです。パットはないですが、サポーターをしてないときより断然ましですよね。

素材はポリエステル、ポリプロピレン、天然ゴム

 

Sponsored Link  

f:id:just_try:20210119143629j:image

セリアで炭サポーターMサイズを購入。平置きサイズは長さ:22cm x 膝下:12cm (太もも側14cm)。

 

私の膝上周りは34cmでしたが、湿布などを貼って押さえるためのサポーター的にはちょうどいいかなという印象。

 

 

100均のひざサポーターとウレタンでニーパッドを代用する

f:id:just_try:20210119144637j:image

厚さ10mm(1センチ)のウレタンクッション(size:20cm x10cm)をいれてみたらちょうどいい感じかも。とりあえず片足しかやっていません。

 

【材料と費用】

・パッドなしサポーター100円+税(110円)

・NRスポンジゴム(10mmx200mmx200mm)163円(半分なので約82円)

・合計:192円(片足分)

 

【作り方】

サポーターにウレタンを挟むだけ。

 

ウレタンをサポーターに挟んだだけなので、肌触りが気になります。

綿素材のハギレでウレタンが直接肌に触れないようにポケットをぬったら、肌触りも気にならない脱着可能のニーパッドになります(´∀`*)

ポリエステルがどうしても苦手なので素材が良さそうな?キャンドゥのサポーターで作ろうかな?

 

 Sponsored Link   

まとめ

とりあえず今は本物のバイク用品のプロテクターが買えない。

高いお金が出せないよという方は、100円ショップのひざ用サポーターパッド付きで200円+税でニーパッドの代用ができそうでした。

もっとクッション性が欲しいならホームセンターでウレタン材料をを買って挟み入れる。

 

安全運転して、事故しない・こけないが一番ですが、冬は防寒にもなるのでおすすめです。レッグウォーマーくらい長いと嬉しいのですが(笑)

 

ニーパッドはバイクだけではなく、スケボー・スノボーにも使えるのでちゃんとしたメーカーのを買ってもいいですがネックは値段。値段とカラダの健康(ケガのリスク)を天秤にかけるものでもないですが。

 

Sponsored Link  

実はドリンクホルダーはスマホホルダーにもコンビニフックにもなる!バイクスクーターカスタム

f:id:just_try:20210117200116p:image

PCX125(スクーターバイク)にドリンクホルダー(ペットボトルホルダー)を取り付けました。

ドリンクホルダーは汎用性が高く「スマホホルダー」と「コンビニフック」にもなるよ! という「一石三鳥」のお話をします(^○^)

 

  

 

ドリンクホルダーは1000円~1500円程度で買えるものです。ネジを回すだけで取り付けられます。

 

 Sponsored Link   

 ドリンクホルダーを「スマホホルダー」に

f:id:just_try:20210117164216j:image

スマホホルダーにもなります!(^^) こちらはiPhoneSE2

冬は寒いので、やっぱりケースタイプのホルダーに入れたいですが。

UAというブランドの汎用スマホホルダーが良さそうで狙っています。

 


f:id:just_try:20210117164237j:image

ビバヒーローというスマホバンカーリングをケースにつけておけば、

ドリンクホルダー→スマホホルダーに(^○^)

 普段も、ビバヒーローをつけておけば手からスマホがすり抜けることがなくなります。

 

 

過去記事でビバヒーローの使い方を解説しています。私のビバヒーローは4代目です。

www.therevolution.xyz

Sponsored Link  

 

ドリンクホルダーを「コンビにフック」に


f:id:just_try:20210117164234j:image

カバンを引っ掛けるとコンビニフックになります。

ちょっと大きな荷物もドリンクホルダーに引っ掛けて、膝で挟めばシート下に入らない荷物も運べますね!

 

 

Sponsored Link